スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【再販】ブライドル・インペリアルウォレット。牛肩の丈夫な革で人気

2013年9月17日(火)21時

再販情報は、ブライドル・インペリアルウォレットです。

ブライドル系の長財布って、

ホント売切れが多いですよね。



生産数が少ないので仕方がないのかもしれませんが、

いつも売切れ状態が続いています。


ブライドル欲しかった方は、

待ち望んでいた再販情報ではないでしょうか(^^)


ブライドル・インペリアルウォレットの特徴といえば、

なんといっても、100万円の札束がすっぽり入るという

太ロコの深さ。

専門用語で言うと、マチが大きいわけです。


まぁ、100万円の札束を現金で持ち歩く方がどのぐらいいらっしゃるのかは、

私には検討も付きませんが、

持ち歩けるだけの財力があるのは、良いことですよね(^^)


もちろん、1万円札ではなく、

1,000円札を100枚持ち歩いてもいいのですけど(^^)



ブライドル革の特徴としては、

ロウ漬けのため、革の表面に浮いているワックスの粉です。


もちろん、拭き取れば良いのですが、

経年変化である程度使い込むまでは、

しばらく粉が出る事があります。


そのワックス(ロウ漬けとも言いますが)は、

経年変化で、光沢に変わるので、使う楽しみもあります。


馬具に使われる硬い革なので、

職人さんが加工に苦労して、

生産数が少ないのですぐに売り切れてしまうでしょう。


欲しい方は、

事前にココクラブに登録しておくと良いですね。
 ↓ ↓ ↓
ブライドル・インペリアルウォレットの価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

100万円束が入る長財布。ブライドル・インペリアルウォレット牛肩高級革

ココマイスターで100万円がスッポリ入る

長財布といえば、ブライドル・インペリアルウォレットですよね。



硬くて上部な牛ショルダー革を使って、

ワックス漬けにしたブライドルレザーは、

一生ものと言われる長財布にピッタリの高級皮革です。


ココマイスターは、新鋭ブランドだけに、

知名度は大手に負けていますが、

品質勝負なので、クオリティーは逆に高いのではないでしょうか。


お財布の厚みがしっかりと確保されていて、

あなたが100万円の束をいつも入れて歩くのに、

調度よいでしょう(笑)




いつも100万円入れて歩くようになりたいですね(^^)


なれますよ、

ココマイスターの長財布をもって気持ちを高めていれば!


ブライドル・インペリアルウォレットは、

長財布としては非常にシンプルで

飽きのこないデザインです。


ですから、誰がいつ持っていてもサマになる長財布です。

人を選びません。


スルッとした直線の美しい長財布で、

ブライドルレザーのワックス粉が表面についています。


このワックスの粉は、革の繊維を強くするために刷り込まれているもので、

使っていく内に無くなります。


そして、ワックスが艶に換わるんですね!

ブライドルレザーは馬具にも使われる丈夫な革なので、

最初は、カード入れなどちょっと硬めで使いにくいかもしれません。


革が硬い分、縫製が非常にしっかりとしています。



そして徐々に経年変化を重ねると、

1ヶ月〜3ヶ月ぐらいで、革にしなやかな柔らかさが出てきます。


硬いのは、それまでの我慢ですね!


ブライドルはこの長財布に限らず、

他のブライドルにも言えるのですが、

だいたい常に売切れになっています。


ココマイスター公式サイトで購入できる状態であれば、

思い切って購入しておきたい長財布です(^^)


次に購入できるのは、

1ヶ月後なのか、2ヶ月後なのか、

全くわかりませんからね。
 ↓ ↓ ↓
ブライドル・インペリアルウォレットの価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。