スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルティーニ革 vs マットーネ革は、どのように違うのでしょうか?

ココマイスターのヨーロッパ高級皮革で、

似ているので区別が難しい革があります。

それが、タイトルの通りなのですが、

マルティーニ革とマットーネ革の区別です。



ご存知の方、いらっしゃるでしょうか?

たぶん、説明できる人は少ないと思います。


実は私も、この違いにハテナだったので、

ココマイスター公式サイトをよく見て、違いを勉強しました(^^)


せっかく勉強したので、

マルティーニとマットーネの違いを、

かいつまんで簡単に説明させて頂きます(^^)


両方の皮革の製法は、全く同じなんです。

オイルをたっぷり染み込ませた牛皮革で、

バケット製法というイタリアの革。



では、どこが違うのか?

マルティーニは、表面がごつごつしていて、

光沢がなくマットな印象です。


いわゆる、つや消しですね。


マットーネは、卵白で革の表面を磨いているので、

テカテカつやつやしています。

いわゆる光沢のある革です。


これが、大きな違いです。

光沢が好みなのか、マットが好みなのか。


この好みの違いにより、長財布をチョイスすれば、

自ずと革の違いになる、ということです。

両方共、経年変化は楽しめる長財布です。



ただ、お値段を見ると、

マルティーニは比較的新しいデザインのモデルなので、

高めです。


マットーネは、ベーシックなデザインで、

比較的お手頃な価格になっています。


だからこそ、マットーネは人気1〜3位の上位になるのでしょうね(^^)


私の主観でいうと、マルティーニのマット系が好きです。
 ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト

【再販】ブライドル・インペリアルウォレット。牛肩の丈夫な革で人気

2013年9月17日(火)21時

再販情報は、ブライドル・インペリアルウォレットです。

ブライドル系の長財布って、

ホント売切れが多いですよね。



生産数が少ないので仕方がないのかもしれませんが、

いつも売切れ状態が続いています。


ブライドル欲しかった方は、

待ち望んでいた再販情報ではないでしょうか(^^)


ブライドル・インペリアルウォレットの特徴といえば、

なんといっても、100万円の札束がすっぽり入るという

太ロコの深さ。

専門用語で言うと、マチが大きいわけです。


まぁ、100万円の札束を現金で持ち歩く方がどのぐらいいらっしゃるのかは、

私には検討も付きませんが、

持ち歩けるだけの財力があるのは、良いことですよね(^^)


もちろん、1万円札ではなく、

1,000円札を100枚持ち歩いてもいいのですけど(^^)



ブライドル革の特徴としては、

ロウ漬けのため、革の表面に浮いているワックスの粉です。


もちろん、拭き取れば良いのですが、

経年変化である程度使い込むまでは、

しばらく粉が出る事があります。


そのワックス(ロウ漬けとも言いますが)は、

経年変化で、光沢に変わるので、使う楽しみもあります。


馬具に使われる硬い革なので、

職人さんが加工に苦労して、

生産数が少ないのですぐに売り切れてしまうでしょう。


欲しい方は、

事前にココクラブに登録しておくと良いですね。
 ↓ ↓ ↓
ブライドル・インペリアルウォレットの価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【再販】ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット。ボルドー色

2013年9月10日 21時

ナポレオンカーフ長財布を待っていた方、

再販情報が出てよかったですね(^^)



ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットの再販情報ですが、

色は「ボルドー」のみとなります。

ボルドーとは、

赤ワインの色というか、深みのある赤、です。


女性に人気のある色ですね。

もちろん、男性でもボルドーを求める方はいらっしゃいます。




私はあまり好きな色ではないのですが、

なぜか割りとに気がある色のようで、今まで売り切れていました。


ライトグレーは明るく白っぽい感じで、

一番好きな色なのですが、ずっと在庫「○」になっています。。。(^^;


私の選ぶ色は、人気のがないのかも知れません。

でも、その方が手に入れるという観点では、得だと思いますけど。。。


まぁ、それはさておき。


ナポレオンカーフ革とは、ご存じの方も多いと思いますが、

仔牛の柔らかい革にたっぷりをオイルを染み込ませてあります。


それを、サンドペーパーで起毛させ、

バックスキンのようになっているですね。



でも、バックスキンよりも柔らかで、

気持ちのよいさわり心地です(^^)


このナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットの

革の感触が好きという方は、間違えなく多いです。


だからこそ、ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレットは

売り切れになるのでしょう。


無料のココクラブに事前登録しておくと、

永年補償や、もしもの返品の際に無償です。

9月10日 21時販売スタートです!
 ↓ ↓ ↓
ココマイスター公式サイで価格を見る

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

マットーネ・ラージウォレットは経年変化しやすいのでしょうか?

ココマイスターの長財布といえば、

一番人気なのは、どの種類の長財布でしょうか?




長らく不動の人気1位を守っているのが、

マットーネ・ラージウォレット
だということです。


これは、ココマイスターの公式メールマガジンに

記載されていました。


マットーネ・ラージウォレットは、ラウンド型のファスナー付き長財布で、

デザインがシンプルなので、人気があるのでしょうね(^^)


また、価格が比較的お安いのも、人気に貢献していることでしょう。


さて、マットーネ・ラージウォレットを購入する人は、

人気度や価格だけで購入を決定しているわけではありません。


その要因とはなんでしょうか?

ズバリ!

経年変化です。

エイジングのことですね。



ヨーロッパ最高級皮革である、バケッタ製法により造られた革。

これが、年数を経ることで、経年変化をして、

革が飴色にしなやかになり、より使いやすい長財布へと変わります。


高級皮革の楽しみは、

この革を育てることにある、っといっても過言ではありませんよね(^^)


マットーネ・ラージウォレットの革は、

オイルをたっぷり染み込ませてあり、

卵白で磨いているので、光沢感があります。


また、内側は、肌触りの良い上品なヌメ革をふんだんに使っています。




最初は硬く感じる革も、

使い込む内に、繊維がほぐれて柔らかくなり、

ご自身にマッチした革製品へと変わります。


経年変化を楽しみに、マットーネ・ラージウォレット

購入する方も多いようです。
在庫があるのか、公式サイトを見ましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。