スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作のブライドル・アルフレートウォレットと兄弟の違いとは?

ココマイスターに新作が追加されたのを

ご存知でしょうか?

ブライドル・アルフレートウォレット



その名も、「ブライドル・アルフレートウォレット」です。

ブライドルシリーズは、

全部で4種類ありますが、

同じブライドルレザーを使っている長財布で、

それぞれがどのように違い、特徴を持っているのでしょうか?

まぁ、兄弟の違いとでもいいましょうか。。。(^^;


たぶん、購入するのに迷う方もいると思うので、

分かりやすく説明しますね(^^)



1、【新作】ブライドル・アルフレートウォレット


ブライドル・アルフレートウォレット


表革:ブライドルレザー

内側:ヌメ革

価格:28,000円税込


特徴としては、お札を入れるマチ部分(厚み)が薄く

30枚程度の容量となっています。


だからこそ、薄マチの特徴を活かして、

シャープでスタイリッシュなデザインの仕上がりになっています。


来ているスーツのフォルムを損なわないような、

長財布自体が薄くて美しいフォルムになっています(^^)


たしかに、薄いと「シュッ」としていて、

かっこいいですね!


2、ブライドル・インペリアルウォレット


ブライドル・アルフレートウォレット


表革:ブライドルレザー

内側:ヌメ革

価格:28,000円税込

ここまでのスペックは新作と同じですが、

インペリアルウォレット最大の特徴は、

100万円札がすっぽりと余裕で入ってしまうという

容量の大きさになります。


3、ブライドル・グランドウォレット


ブライドル・アルフレートウォレット


表革:ブライドルレザー

内側:ヌメ革

価格:30,000円税込

お値段が2,000円ほど高くなります。


人気のラウンドファスナー型で、

ファスナー自体が長財布をぐるっと一周しているのが特徴です。


4、ジョージブライドル・バイアリーウォレット


ブライドル・アルフレートウォレット


表革:ブライドルレザー

内側:ブライドルレザー

価格:43,000円税込


ココマイスター長財布の中でも、

最高価格の長財布になります。


特徴は、ブライドルレザーを表と内側の

両方に使っているため、


ブライドルレザーの使用量が5倍も使用されているところです。

また、極端に生産数が少ないのも特徴で、

常に売り切れた状態になっています。


もし、ジョージブライドルの在庫があるのを見かけたら、

欲しい方はすぐその場で購入しておくべきでしょう。


以上が、

ブライドル兄弟の特徴と違いでした。


つたない文章で読みにくかったと思いますが、

一生懸命に書かせていただきました。


いたらない点、わかりにくい点は、

ココマイスターの公式サイトにてご確認ください。
 ↓ ↓ ↓
ブライドル・アルフレートウォレットの詳細を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。