スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルティーニ革 vs マットーネ革は、どのように違うのでしょうか?

ココマイスターのヨーロッパ高級皮革で、

似ているので区別が難しい革があります。

それが、タイトルの通りなのですが、

マルティーニ革とマットーネ革の区別です。



ご存知の方、いらっしゃるでしょうか?

たぶん、説明できる人は少ないと思います。


実は私も、この違いにハテナだったので、

ココマイスター公式サイトをよく見て、違いを勉強しました(^^)


せっかく勉強したので、

マルティーニとマットーネの違いを、

かいつまんで簡単に説明させて頂きます(^^)


両方の皮革の製法は、全く同じなんです。

オイルをたっぷり染み込ませた牛皮革で、

バケット製法というイタリアの革。



では、どこが違うのか?

マルティーニは、表面がごつごつしていて、

光沢がなくマットな印象です。


いわゆる、つや消しですね。


マットーネは、卵白で革の表面を磨いているので、

テカテカつやつやしています。

いわゆる光沢のある革です。


これが、大きな違いです。

光沢が好みなのか、マットが好みなのか。


この好みの違いにより、長財布をチョイスすれば、

自ずと革の違いになる、ということです。

両方共、経年変化は楽しめる長財布です。



ただ、お値段を見ると、

マルティーニは比較的新しいデザインのモデルなので、

高めです。


マットーネは、ベーシックなデザインで、

比較的お手頃な価格になっています。


だからこそ、マットーネは人気1〜3位の上位になるのでしょうね(^^)


私の主観でいうと、マルティーニのマット系が好きです。
 ↓ ↓ ↓
長財布の価格を見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。